★国際統合リハビリテーション協会より、研修会開催のご案内が届いております。

以下よりご参照下さい。

【日 時】

1日目 平成30年7月14日(土)

2日目 平成30年7月15日(日)

3日目 平成30年8月11日(土)

4日目 平成30年8月12日(日)

【日本作業療法士協会生涯教育 対象〈1日につき1ポイント〉】

【場 所】

1日目(板橋文化会館 第1・2和室【東京都板橋区大山東町51-1】)

2日目(成増アクトホール 5F和室【板橋区成増3-11-3-405】)

3、4日目(板橋区グリーンホール 504会議室)

【対 象】作業療法士、理学療法士、言語聴覚士

【料 金】4日間で39800円(税込み)

【定 員】各40名(先着になり次第閉め切らせて頂きます。)

【詳 細】触診・動作分析

臨床に出ると必ず必要になってくる卒後研修。しかし「勉強が必要なのはわかっているけど何から勉強していいのかわからない」ということで悩む療法士も多ようです。「評価でどこから見ていいかわからない」「結果がでているのかわからない」「目的とした部位を触診できているか不安」などをよく聞きします。今回初めて開催されるIAIR×療活【触診・動作分析・報告書実技研修会】では、このような悩みを持った療法士に向けて内容を構成しました。療活の講習会を受講された方からは、「触診の大切さが改めてわかった」「動作分析の見るポイントがわかった」「自分のわからないところがわかるようになった」といった嬉しいお声をいただいております。実技と反復練習、ディスカッションを多く行い、明日の臨床から実践できる内容となっております。何から学んでいいかわからない、基礎となる土台を作りたいと思っている療法士に受講をおすすめします。

 

【問い合わせ】

お問い合わせはこちらへお願いいたします。

(一社)国際統合リハビリテーション協会

担当事務局 齋藤 kanto@iairjapan.jp